マレーシア駐在の日々

マレーシアでの生活、言葉、ライフハックについてゆるく発信します。

MENU

地獄のゴルフ

ゴルフ天国と呼ばれるマレーシア。

日本の半額以下でラウンドできるお手軽さからそう呼ばれています。

 

そんな流れに乗って、マレーシアに来てからゴルフを始めた私。

かといってのめりこむこともなく、二ヶ月に一度ほど周りのベテラン日本人おっちゃん達とラウンドする程度。

 

そんな状態なので何もかも周りの人に頼りきりで、この1年半自分でマナーを学んだりレッスンに行くこともありませんでした。

 

スコアも130を下回ることなく、ドライバーは空振りかチョロ。林に打ち込み、池に打ち込み、5パットくらいする迷惑者です。

 

ゴルフしない人にはピンとこないかもですが、他のスポーツで例えると、

野球で4人連続四球与える投手

サッカーでボール持って相手ゴールまで走るキーパー

バドミントンでサーブをスマッシュする選手

将棋で初手から王手を打つバカ

 

この上なく迷惑ですね。

 

 

そんな先日、会社のマレー人同僚から

「モリオ、ゴルフやるんだろ?みんなで来月ゴルフ行くぞ!」のお誘い。

「はーい。日本人おっちゃんは?」

「いない、モリオ以外はマレー人だ」

「経験者は?」

「24人中モリオだけだ!」

 

 

すっと血の気が引きました。

顔が青ざめるのを越して無色になりました。

 

自分以外初めて?

「いやちょっと待って俺も初心。。」

「みんなーモリオが行くぞ!わからないことはモリオに聞け!」

 

 

それから度々、

「安いゴルフクラブ売ってる店教えて」

「打ちっぱなしはどこがいいんだ?」

などマレー人から無色の私に質問の嵐。

 

ゴルフクラブは貰いもので、打ちっぱなしに行ったことすらない私に答えられることは何もありません。

 

このまま行けば24人全員でマナー違反の連発、ゴルフ場や他プレイヤーから叱責の嵐を受けることは確実。

どこがゴルフ天国やねん、地獄やないか。

 

 

なんとしても地獄を見るのは避けたい。

そこでやっとゴルフマナーを学び始め、レッスンにも通い始めました。

これを機に迷惑ゴルファーを卒業し、紳士ゴルファー(ベスト138)を目指す。

そしてみんなを導き、楽しいゴルフを実現する。

 

「バンカーから打つときって地面にクラブつけたらあかんのか」

「左肘って曲げへん方がええのか」

学びはじめると、こんなに何も知らなかったのかと自分がいかに適当、迷惑この上ない存在だったか理解しました。

 

ラウンドまであと4日。

スコアなんてどうでもいい、目標はとにかく何も起こさず終わらせる。

 

ここはマレーシア。ゴルフ天国。

そう言い聞かせて地獄へ向かいます。

カレーが嫌いなインド人

 

「カレー嫌いやねん、私」


友人のインド系マレー人(女性)と妻との3人でランチの約束をしていた本日。

マレーシア人の約1割はインド系なので、マレーシア各地に本場仕込みのおいしいカレー屋がたくさんあります。


その友人はインド系なのでもちろんカレー詳しいやろ!と思い「お勧めのカレー屋教えて、そこ行こう」と以前からお願いしていました。

なのに返事はどこか歯切れが悪く、やっとお店の連絡がきたのは約束の1時間前。


そのカレー屋で集合し、みんなでシェアしようともちろんカレーを注文。

しかし運ばれてきたカレーにはほぼ手をつけず、ビリヤニ(インド風混ぜご飯)とフライドチキンのみ食べる彼女。


あ、俺らに食べさせようと気遣ってくれてんのかなと思い「どうぞどうぞ」とカレーを勧めるも、やんわりカレーを遠ざける彼女。

「どしたの?」と聞くと、彼女から飛び出した冒頭の一言。

 

天地がひっくり返りました。

耳を疑うどころか、友人を疑いました。

 

カレーが嫌いなインド人。。

 

詳しく聞いてみると、幼少期から毎日食卓にカレーしか出てこなかったので、違うものが食べたいと泣きながら母親に懇願するも聞き入れられず、結果大嫌いになってしまったとのこと。

 

「大人になって家族ができたら、カレーは一切作らないと決めたんだ」

と爽やかに語る彼女(インド人)。

 

自分の中に偏見があったことを反省しました。


キムチが嫌いな韓国人もいるでしょうし、

ピザが嫌いなイタリア人も、

パンが嫌いなフランス人も、

羊が嫌いなニュージーランド人もいるでしょう。

 

納豆が嫌いな日本人も、、そういえば私も嫌いでした。

 

人種のるつぼと言われるマレーシアで様々な人種と付き合う中で、偏見なんてとうの昔に消えたと思ってました。

でもまだまだ自分の中にこうした無意識の偏見が残ってることを認識しました。

 

さらにつづける彼女。

「朝からカレーなんてとんでもないよね。胃が疲れるしお勧めしないよ!」

それをインド人が言うのか。。とまだ自分の中に残ってる偏見に気づかされました。

 

とりあえず、インド系の友人だからといって「カレー屋案内して」は禁句にしたいと思います。

マレーシアの独立記念日


8/31に独立記念日を迎えるマレーシア。

1957年にイギリスから独立したマレーシアは今年で65周年。

街は1カ月前から祝賀モードで、道路沿い、ビル、家、車などあらゆるところに国旗が掲げられ、みんな盛大に記念すべき日をお祝いします。

 

そんな記念日も間近の当社女性たちのドレスコードはそう、「国旗」。

各自が国旗に合わせて担当の色を決め、出勤。

いつもの倍華やかな服装の女性陣は、当然浮わつきまくり。

朝から写真撮影会モード。

 

「はい撮るよー、あれちょっと黄色どこ?黄色呼んできて!」

「そこの白と青、ロビーの国旗ボード前に集合ね!」

など、私のデスク周りで響き渡るはしゃぎ声。

オンライン会議の音声はかき消される。

 

 

みなさん仕事は?

という声が喉の奥まで来て、ぐっと飲みこむ。

 

頼んでたあの資料は?

という声が歯ぐきまで来て、ぐっと飲みこむ。

 

彼女たちの今日の仕事は国旗。

資料など作ってるヒマはない。

誇りを胸に堂々とそびえたつ、それが仕事。

 

 


これほどに独立記念日を大切にするという慣習は日本にはないので、少し羨ましくもなります。

愛国精神、うん、素晴らしい。

資料作成と両立できればなお素晴らしいよ。

明日から使えるマレー語講座

明日から使えるマレー語講座 その1

「Alamak!」
読み方:アラマッ!
意味:あらま!

以上、明日からどこで使うねんマレー語講座でした。

でも毎日のように聞くマレー語なので、マレーシアに行く方は覚えておいて損はないかもです。



                    • -

これだけで終わるのは寂しいので、インドネシア語も。


明日から使えるインドネシア語講座 その1

Belajar
読み方:ブラジャー
意味:勉強する

Cepat-cepat
読み方:チュパチュパ
意味:急ぐ

例文:Belajar cepat-cepat!
読み方:ブラジャー チュパチュパ!
意味:早く勉強しなさい

以上、明日から使わないでくださいインドネシア語講座でした。

知らんけど

私の好きなマレー語は「Insya Allah(インシャアラー)」。

直訳すると「神の思し召しのままに」。

全ての事象は神の意思によって動き、うまくいくもいかないも神次第である、というイスラム教徒が頻繁に使う言葉です。

 

つまりは関西弁でいう「知らんけど」。

私はやってみるけれども、どうなるかは神の思し召しなので結果は「知らんけど」。

 

私「この資料、明日までにまとめてくれる?」

マレー人部下「わかりました。インシャアラー(知らんけど)」

 

私「明日、2時までに来てね」

マレー友人「オッケー!インシャアラー(知らんけど)」

 

資料ができなくても、2時を大幅に過ぎても、神の思し召しなので仕方ないのです。

 

上司や知人のブルシットなお願いを断りづらい皆様。

ぜひ使ってみてください!どんなお願いも約束もこの一言でOK!知らんけど。

ベトナム旅行記

ベトナム旅行からマレーシアに帰国しました。

チャンアンの見事な景色

1週間いて強く感じたのは、ほんとに社会主義の国か?と思うほどのベトナム人の押しの強さ。

 

妻と歩いているところを前に立ちはだかって、

 

「人力車どう?2人乗れるよ」

嘘つけ、どう見ても1人しか乗れへん。

「マッサージどう?いらない?ナンデヤネン!」
どこで覚えてんその関西弁。


「フルーツどう?運ぶの重いんよ」
知らんがな。

と色々売りつけてきます。

商魂のたくましさは中国人レベル。尊敬します。

ホイアンランタンフェスティバル


加えてフレンドリーな人々、歴史的な建造物、衝撃的な戦争の記録、きれいな海、おいしいごはん。

味わい尽くすには1週間では足りませんでした。

 

日本で食べる海外の料理は、正直その国で食べるより美味しいと思ってしまうタイプです。

イタリアのパスタ、インドのカレー、韓国の焼肉など、胸を膨らませて現地で食し「あれ?地元の店のほうがおいしくない?」と感じることもしばしば。

まあ、現地でいい店を選べてないという可能性もありますが。。

 

ベトナムは違いました。

とにかくご飯がおいしい!

生春巻き、フォーなど有名なものから食べたことないメニューまで、日本で食べたベトナム料理より数倍おいしいと感じました。

フランスパンに豚肉や野菜などいれたBahn Mi(バインミー

ベトナムへのグルメ旅、オススメです。
ただビールが水と同じ値段なので、飲みすぎないよう注意下さい。
私も自制心を保つのが大変です。

 

たまにはインスタ映えする写真をと思い、有名なハノイの線路に立ち入れる場所で妻に写真を撮ってもらいました。

 

線路に座ってポーズを取った瞬間、

「丸いドーナツどうや?」

と、後ろからおばちゃんの売り込み。

インスタ映えない写真が撮れました。

 

コロナ後の初海外旅行で悩まれてる皆さん、ベトナム オススメです。

マレーシアの観光先

コロナによる国境規制が緩和され、両親と叔父夫婦がマレーシアに旅行に来たいと連絡が来ました。

私がマレーシアに来たのはコロナ禍真っ只中だったので、今回初めて家族を迎えることに。
せっかく来てもらうからには楽しんでもらいたい!と張り切ってマレーシア旅行プランを考え始めました。

始めて5分、重大なことに気づきました。

 

 

どこ行けばええかわからん

 


コロナ規制が緩和されて、あらゆるマレーシアの観光地に行きました。
クアラルンプール周辺はもちろん、ランカウイ、マラッカ、ペナン、コタキナバル、イポー。
さあどこに行こうか、と考えたとき、

あれ、あの寺院てどこやっけ。
あの高いところ登って景色見たのは。
あのごはん食べた場所は。
シュノーケリングした場所は。。

全ての都市の記憶が混ざっていて、全く特定できません。

どの街も楽しかったです。
ただ、ここと言えばこれ!という特徴がマレーシアの観光地にはありません。
だいたいどこも同じ景色、同じ食事、同じ建物が並んでる。
それがマレーシアです。

おいしい中華とインドカレーがあって、
イギリスやオランダ統治時代のオリエンタル建築があって、
活気ある市場があって、
綺麗な海があって、、、

 

あかん、どこに行ったらええかわからん。

 

よし、もうどこも行かないでおこう。

 

 

両親の滞在予定は4泊5日。



1日目:ようこそ!飛行機疲れたでしょ、休んで→ホテルへ送迎
2日目:ここが我々の家ですと紹介→ホテルへ送迎
3日目:ホテルのプールサイドでのんびり→ホテルへ送迎
4日目:お土産探し→ホテルへ送迎
5日目:正月には帰るね、気をつけて→空港へ送迎

 

よし、これくらいにしておいて、後は来たら考えよう。
どこ連れて行っても同じやし。

 

 


と、マレーシア人に刺されてもおかしくないひとりごとを書いてしまったことに気付きました。

 

てかホテルのプールサイドからホテルへ送迎てなんやねん。

外に出ろ。

 

どこに行っても素晴らしい国、マレーシアを丁寧に案内したいと思います。