マレーシア駐在の日々

マレーシアでの生活、言葉、ライフハックについてゆるく発信します。

MENU

揺らぐ口コミの信頼性

 
「あそこのお寿司屋さん最高やで!」
「あのイタリアンは間違いない!」

いわゆるレストランの口コミ。
家族や友人から聞くとつい行きたくなり、実際行ってみると本当においしい料理を楽しめることが多いですね。
 
ただマレーシアに来たあと、その口コミの信頼度が揺らいでいます。


「あそこのナシカンダー(インドカレーのようなもの)めっちゃうまいから行ってみ」
「あの店のナシレマ(ココナッツで炊いたご飯)、他の店とは違うよ!」
私がマレー料理が好きだというと、いろいろなレストランのオススメを同僚や友人が、言わずにはいられないという感じで教えてくれます。
 
その何件かに行ってみました。
胸を躍らせ行ってみました。
感想は
 
近所のチェーン店と何が違うんや。。
 

私はマレー料理が大好きです。
休日の昼に近所のチェーン店で食べるマレー料理が、毎日お昼の社食で出てくるマレー料理が楽しみで仕方ありません。
ふだん滅多に食べないから、というわけではないです。
 
同僚が紹介してくれた店は、どこもおいしかったです。
ただ、社食と同じ味です。
違いが全くわかりません。
教えてもらったイチオシレストランと、チェーン店とお昼の社食。
すべて、同じ味です。
 
自分が味オンチなだけか?と同じくマレー料理好きの妻に聞いてみました。
「違いがわからない」
 

マレー料理は基本ワンプレートで、ご飯、野菜、肉や魚、スープを混ぜ混ぜして食べます。
おいしいんですが、どうしても大味になります。
そうなるともはや、微妙な違いは正直わかりません。
 
ただマレー人に言わせると「全然違う」。
彼らには「社食なんか食えたもんじゃない」のだそう。
毎日、嬉々として食べてる私を彼らはどう思ってるのでしょうか。


私たちがお寿司屋、おそば屋の選択にこだわりがあるように、マレー人もまた小さな頃から食べ慣れてる料理にはこだわりがあるのでしょう。
でもそれは、食べ慣れてない外国人には伝わりづらいかもしれません。
 
今度マレー人の同僚が日本に来たとき、「最高級の寿司をごちそうするわ!」とスシローに連れて行ってみます。

アフターコロナの試練

昨年2月にマレーシアに来てから最近まで、コロナ禍でずっと国境が閉じたまま、むしろ国内さえどこも行けない状態でした。

つらい日々からようやく解放され、行きたいところに行ける幸せを最近は妻とかみしめています。

 

しかし、今こうして国境が開いたら開いたで、サラリーマンの私には新たな試練が待ち構えていました。

 

それは「神々の遊び(えらいさんの出張)」対応です。

 

社長、副社長、取締役、なんとか部長。。

ほとんど話したこともない雲の上の方々。

 

5月にマレーシア政府が出張や旅行を受け入れると発表したとたん、堰を切ったようにそうした殿上人が続々マレーシアにご降臨されます。

 

その受け入れ、調整、手配をするのは下々(駐在者)の仕事。

空港へのお迎え、ホテルや車、ドライバー、通訳、レストランやケータリングの手配、マレーシア社長とのミーティング、工場や店舗視察の調整、そして空港までのお見送り。。

ツアーガイドも真っ青になるレベルで、神々をもてなします。

 

但し神をもてなしたことで、自分の仕事がやりやすくなるとか、そういうことは特に起きません。

神は色々な場所を淡々とご視察され、色々とご下命を賜り、いいホテルに泊まりいいご飯を食べて帰っていきます。

むしろ神のご機嫌に応じて仕事が増えることもあります。

 

神々がご帰還されるころにはマレーシア人スタッフから「最近仕事しないで何やってんの?」という視線が私に向きます。

彼らからすると日本の神など知ったこっちゃないです。

私にとってもです。

 

 

コロナ禍はいいことなんてなかったと思ってましたが、一方でこうしたブルシットジョブを消し去ってくれてたんだなと強く実感しました。

あの頃に戻りたくないけど、戻りたい。。

神を崇めなくていい時代に。。

 

この日記、上司に読まれませんように。

36時間のフライト

マレーシアのコロナも概ね収まり、日本にも隔離なしで入れるということで、赴任以来1年3ヶ月ぶりに日本へ帰国しようと決意。
妻の実家の愛知県に行くため、シンガポール航空
20:40 クアラルンプール→シンガポール
深夜1:20 シンガポールセントレア
の便で帰国することにしました。

久々の日本帰国にワクワクの当日。
シンガポール行きの飛行機に乗り込んだまでは良かったのですが、一向に離陸せず。

機体の最終確認をしています、というアナウンスが何度か入りつつも、動かず。

まあ乗り継ぎの時間は余裕あるし、と思っていましたが2時間後、「トラブルが見つかったため一旦降りてください」とのアナウンス。

仕方なく降りて待合室で待機。
もうすぐシンガポールから飛行機出るんだけどとスタッフに聞いても「トラブル解消次第伝える」という回答のみ。

更に2時間経って午前0時になっても新たな案内なし。
待合室の席で横になって過ごす。

更に2時間経った午前2時。
乗客達が殺気立ち始める。

なぜ案内がないのか?時間がかかるならホテルを用意すべきだろ?責任者はどこだ?

シンガポール航空のスタッフは、ホテルは満室、ここで待っててくれ、責任者はいないとの説明を繰り返す。

そして当初の予定から10時間経った午前6時。
やっと出発するとのことで再び機内へ。

するとまた1時間止まったのち、「残念なニュースがあります」と機長のアナウンス。
「やはりトラブルで離陸できません。降りてください」との絶望的なメッセージに一旦怒りを収めた乗客たちも再び激高。。

結局クアラルンプールを出発できたのは午前9時。
チェックインから12時間以上経っていました。

当然セントレア行きの飛行機には間に合わず。
シンガポールで紹介されたのは、バンコク経由で次の日の午前にセントレアに着くフライト。

ということでさらに12時間、シンガポールバンコクの空港で待機。
フラフラになりながら合計36時間かけてセントレアに辿り着きました。

するとやっぱりというか、荷物が出てこない。
シンガポールでフライト変更になったためロストバゲージ
日本のスタッフさんは自分のせいでもないのに、申し訳ございませんと謝って下さいました。

        • -


ああしばらく忘れてたけど、そういえば東南アジアてこんな場所だったなと思い出しました。

トラブル対応が苦手
ミスを繰り返す
責任者は出てこない、だから決断もできない

若い頃、インドネシアに留学してたときも似たようなことをたくさん経験しました。

なので、もちろん疲れたし心も折れましたが、怒りというより懐かしさで笑ってしまいました。

今回は東南アジアのゆるさが悪い方向に出ただけで、笑って受け入れないと生きていけないです。

東南アジアはどんどん発展していますが、こういう部分はいつまでも変わらないかもな、という気がします。

とにかく久々の日本!
満喫します。

カーナビというテンプレ

テンプレに騙されるな

ということを尊敬する勝間和代さんから学びました。

スマホといえばiphone、日用品といえば無印、いつかはタワマン、、
もっと安くて同等以上の品質を持つ商品があるのに、考えなしに買ってしまう。

今までの私もそうでした。
疑いもせずiphoneを使って、「ダイソーに同じのあるよ」と妻に言われても無印の高いのを選んで。。
「同じでも無印の方が絶対いいって!」とか偉そうに妻に言ってた自分に赤面します。

Androidスマホに代えてみたら、ダイソーの商品を使ってみたら、驚くほど高品質で満足のいくものでした。
思い込みから離れて視界を広げると、とても気持ちよく暮らせるんだなと気づきました。

他にないかな、自分がテンプレにはまってたもの、、と1週間くらい考えたところ、一つ発見しました。

カーナビです。

車買ったことある方はご存じと思いますが、クソ高い新車に、クソ高いナビ装着をディーラーは勧めますよね。
でも皆さん(私も)、何百万もする買い物だし、プラス20万くらいいいか、音楽も聴けるしナビ付で安心だし、、みたいに割と簡単に買ってしまいがち。
完っ全に不要だってことに気づかされました。

マレーシアではよく配車アプリでタクシーに乗ったり同僚の車に乗りますが、誰一人としてナビなんかつけてません。
スマホスマホホルダーだけ。たまにディスプレイオーディオ(2‐3万)をつけてる人がいるくらい。
スマホアプリの無料ナビ性能は恐ろしいくらい高く、地図更新も自動、渋滞情報や警察の有無まで教えてくれる。。

少し前、これに気づいてない日系ブランドがマレーシアでナビを発売して大コケしていました。
その後在庫が余ったのか標準装備にしてましたが、その車のタクシーに乗ってもだれも使ってません。

日本でも、無料のナビアプリいくらでもありますね。
そもそもGoogle Mapも相当なクオリティです。
画面が小さいのが嫌なら、2万くらいのディスプレイオーディオを買ってテザリングすればいい。
あんな高くて、地図更新も面倒で、警察の居場所も教えてくれない(?)カーナビから解放されましょう。

テンプレにはまらない生き方、まだまだ色んなところにテンプレは潜んでそうです。
また見つけたらここに書きます。

オーディブル聴き放題が最高!

オーディブルが聞き放題をスタートさせたと聞いて、妻と始めてみました。

 

www.audible.co.jp

 

正直、Fireやアプリの読み上げ機能より少し聞きやすい程度かな?くらいの期待度でしたが、いい意味で大きく裏切られました。

これで月額1,500円は素晴らしいコスパです。

下記、特に素晴らしい部分を2点挙げます。

 

まず、読み上げのクオリティがめちゃくちゃ高い。

喋ることを生業としている方の声で聴く本は、理解度が大きく上がりました。

アプリの読み上げ機能の場合、漢字の読み方を間違えたり、各章のタイトルとその後の文章の始まりに息継ぎがないなど時折理解に時間がかかり、内容すべてに集中できないことがあります。

一方でオーディブルはプロの声優さんが一字一句間違えることなく自然に読んでくれるので、何も気にせずにすっと入ってきます。

 

特に、小説は鳥肌ものです。

宮部みゆき火車」を朗読しているのは俳優の三浦友和さん。

「どれだけ声色を使い分けれるの?」と思うレベル。

登場人物のセリフ部分は説明がなくても誰が話してるかわかるほど、声の性格を作って朗読されていました。

 

おかげで、イライラするクアラルンプールの渋滞も「もう少し動かなくてもええよ」と思えるほど車内での耳読が楽しくなっています。

 

ふたつめは、睡眠のクオリティが上がります。

 

は?とお思いでしょうが、いい声はいい睡眠をつくります。

夜ベッドに横になって、タイマーをセットして聞く声優さんの声はまさに子守唄。

とても心地よく、毎晩5分もかからず眠りに落ちています。

Huwaweiのスマートウォッチによる睡眠スコアも軒並み80点台。

朝も気持ちよく起きられています。

 

ただ、聴き放題の対象外の聴きたい本があっても、アプリから購入できません。

聴き放題会員は買えないのかな?ちょっと確認する必要ありです。

 

通勤時間が長い方。

不眠に悩まされてる方。

本を読みたい、だけど続かない方。

おすすめです、ぜひ。

マレーシアと日本の決断力

ついに、マレーシアが観光客に対しても扉を開きます。

https://mtown.my/covid-19/220326-001/

 

マレーシアに来て約1年。

昨年は日本と比べ物にならない移動規制、ロックダウンを経験しました。

マスク必須はもちろん、出社禁止、半径10km以上の移動禁止、レストランでの食事禁止、友人・親戚の家への訪問も禁止。

ロックダウン中に自宅パーティを行った同じアパートの西洋人の部屋に警察が大勢押し掛けていたのを見て、こんな暑い国で寒気を感じました。

そんなまともに外にも出られない状況が半年近く続き、かなり精神的に参りました。

その後、規制緩和されてレストランで食事をしたときは妻と涙を流しました。

 

それから約半年で、ワクチン接種が進み重症患者が減ったのを機に観光客受け入れまで始める。

ロックダウンに対しては時間を返して欲しいくらいですが、この切り替えの早さと決断力は賞賛されるべきです。

そんな国に暮らしていると、「日本はいつまでごちゃごちゃやってんの?」と感じます。

 

ロックダウンなどの強い規制なしにコロナを抑え込んだ日本政府の方針は素晴らしいです。あんなもの絶対やるべきではない。違う病気になります。

でも、どこかで必ずコロナとは共生の道を選ぶ必要があります。

アメリカよりも断然ワクチン接種率の高い日本が、未だに観光客どころか留学生や技能実習生さえ満足に受け入れないというのは、決断力が低すぎます。

 

こんなことを続けていると、日本はあっという間に世界から見放されます。

観光客も、留学生も、働きたい人もみんな「めんどくせえ」と違う国へ行く決断をします。

ちきりんさんの「マーケット感覚を身につけよう!」という本の中で、「変えなければ替えられる」という表現がありました。

マーケット感覚を身につけよう 「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方 [ ちきりん ]

価格:1,650円
(2022/3/27 18:14時点)
感想(8件)

いつまでも超不便な「羽田→成田移動」を観光客に強いていた日本が、韓国の仁川空港経由の欧州便にあっさりシェアを奪われたように、

いつまでも有権者の目を気にして開国しない日本は、このままだとあっさり観光先や留学先を他国に替えられてしまうでしょう。

 

そうした決断力のない日本の政府には、マレーシア政府の決断力を(いいところだけ)見習ってほしいものです。

マレーシアの職場

日曜というのに社長からの急用とのことで仕事場に呼び出され渋々来ましたが、約束の時間から2時間たっても社長(マレー人)は来ません。

と思ったら「社長今日は来ない、また明日の朝ね」とのこと。

みんな苦笑いで「まあよくあるよ」と笑って帰っていきます。

 

こんな感じで、日本での当たり前が全く当たり前じゃない、ということはマレーシアで日々感じます。

職場でも笑えることから、笑えないことまで多岐にわたります。

 

・朝ごはんは勤務時間が始まってから食べるもの

・渋滞は遅刻の正当な理由。渋滞を理由に週3で遅刻するスタッフも

・打合せにはお菓子が必須

・昼休みの10分前から食堂に列

・優先順位はお祈り。打合せはその後

・3年先?そんなこと考えなくていい。今がよければ

・話しかけても反応ないと思ったら、イヤホンで音楽聞きながら仕事

・自分の役割が完全に決まっていて、他のことは一切やらない

・「同僚の車が整備から帰ってくる」という理由で早退

・定時になる5分前から片付け、定時ちょうどでタイムカード

・少しでもいいオファーあれば簡単に転職

・かと思ったら3年くらいで戻ってくる子も

 

なんか彼らを見てると、私含め日本人は責任感が強すぎるのかな、と感じます。

もっと肩の力抜いて楽しく生きよう、という感じでしょうか。

抜けすぎな気もしますが。。

 

今月でマレーシアに来て1年。

帰国したら私も上記のような人間になっているかもしれませんが、快く受け入れてもらえると助かります。